ダイノジ先生の「体で楽しむ音楽」

子供たちが待つ教室に入ってきた2人。ダイノジ先生かと思いきや……、長髪&ヒゲとなんだか雰囲気がダイノジ先生とまるで違う? そう、この2人は本日の授業でダイノジ先生のアシスタントをする若手芸人の杉田先生(こんにちは計画)と、岩瀬ガッツ(ロングヘアー)。体を動かす授業ということで、まずは準備運動からスタート。

DSCF5483

DSCF5474

準備運動が終わったところで登場したのがダイノジ先生。いつもの虎が大きく描かれた衣装に身を包み、貫禄充分!

DSCF5487

そして、ウォーミングアップとばかりに、まずは子供たちも知っている『アブラハムの子』の音楽に合わせてみんなで振り付きで踊ります。「♪アブラハムには七人の子~一人はのっぽであとはチビ。みんな仲良く暮らしてる、さぁおどりましょ、みぎ~て」と最初はおだやかですが、曲が進むにつれて、どんどん体全部を使う激しいものに!

DSCF5494

DSCF5509

一曲踊って、子供たちの緊張と体がほぐれてきたところで、次は杉田先生による仮面ライダーの動きを取り入れたダンス。音楽とすぎた先生の掛け声に合わせてダンス! 「仮面ライダーの変身の動きをしたら、次はエビ! 次にカニ!」と子供にもわかり易い掛け声をかけてくれるので、子供たちもすぐにダンスを覚えていました。

DSCF5526

ここで、エアギター世界一位になったダイノジ先生による、エアギタープレイがスタート。まずは世界一の称号を手に入れたダイノジ大地先生のお手本をみんなでしっかり観察。目の前で見るエアギター、迫力が違います! そして、ないはずのギターが見えてくるから不思議!

DSCF5538

お手本を見たあとで大地先生から子供たちひとりひとりにエアギターが授与され、子供たちもエアギタープレイをすることに。見えないはずのギターをちゃんと受け取る子供たち(笑)。ノリをわかっています!

DSCF5549

そして、いよいよエアギタースタート! 先生と音楽に合わせて、ギターをかき鳴らしたり、回したり、ジャンプしたり! 元ネタである大地先生のエアギターにはタバコを吸うところがあるのですが、子供なのでそこを“将来の夢”に変更。子供たちは「先生」や「サッカー選手」など、思い思いの夢の形をジェスチャーで表していました。

DSCF5550

DSCF5560

楽しいエアギターのあとは、どこからともなくデビルサタンが登場。先程までの楽しい音楽とは一転して、不気味な音楽が教室に響きます。子供たちも戸惑いの表情。ただ、なんとなく、このお腹には見覚えがある気もするのですが……。

DSCF5602

そこに颯爽と現れた黄色のヒーロー“スギタマン”! スギタマン曰く「みんなも一緒に踊って、デビルサタンをやっつけよう!」とのこと。スギタマンを応援するべく、子供たちも一致団結してダンスします。

DSCF5610

DSCF5624

子供たちの応援の甲斐あって、見事、スギタマンがデビルサタンをやっつけました! デビルサタンのさり際の言葉は「ノロウィルスが流行っているから、帰ったらうがいと手洗い忘れずに」。意外と良いこと言います。

DSCF5635

そして、テンション最高潮のまま、ラストはAKB48の『恋するフォーチュンクッキー』を子供だけでなく、親御さんたちもスタッフもみんな一緒になってダンス! 

DSCF5687

DSCF5708

最後には大谷先生から「音楽は聴くものや弾くものだけではない。体を動かして音楽に合わせて踊るのも音楽なんです」というお言葉が。子供たちも自分の体でその言葉の意味を体感できたことでしょう。

ということで、1時間の授業の間、ほとんどの時間をダンスしていたこの授業、冬の寒さなど吹き飛ばす、元気いっぱいの授業となりました。

DSCF5724

学びのポイント
人間にとって大切な文化の一つである「音楽」。音楽のない人生は、味気のない灰色の風景の中に、そのすべてが描かれてしまいかねません。ところで、音楽の本質のひとつは、「メロディとリズムの流れの中に身を投げ出すこと」です。音楽は耳で聞くのではありません。身体全体で感じるものです。また、音楽は楽器や手だけで表現するものでもありません。身体全体で表現するものです。このような音楽の本質に、易しく触れさせてくれるのが、この授業です。大人のみなさんも、この場でごいっしょにメロディやリズムを身体で刻んでいただくとともに、ご家庭でも、この体験をスタートにして、子どもたちとご一緒に身体全体で音楽を身近なものにして楽しんでみてください。